ZINEとして復活した「3冊組 初期詩集 A」の思い出。

詩を書きたいと思い始めて、最初に、これだ!と感じたのが、「考える場所」という詩です。

まさに、記念すべき作品☆

その詩は、「3冊組 初期詩集 A」の初期第一詩集である「明彩」の1ページ目に、収録されています。

「明彩」というタイトルは、造語。迷彩と色彩を掛け合わせたイメージ。

反対語として作った言葉「黙彩」という詩は、詩集の真ん中あたり11編めに載せています。

20編は、同時期に制作し、ラストの詩「明彩」のみ、7年後に制作。タイトルと同じ詩を作ろうと思って書いたのですね。

初期第二詩集「空の音 水の月」は、今回、タイトル変更しました。もともとは、「ことばのレシピ」。

ことばを組み替えたりして、1つの詩から派生した別の詩を作るというコンセプトの詩集だったのですが、分かりやすくするために、実験的な詩はカットして、タイトルも変えたというわけです。

初期第三詩集「詩の境界線」は、好きな詩人の詩を集めて、私家版を作っていた時に、自分の詩も入れようと思って、「詩の境界線」という詩を書いたんです。その後、それに合わせた詩を書き、自分の詩だけをまとめて1冊の詩集にしました。

どの詩集も、いろいろ試行錯誤していた時期のものなので、多くのものが詰まっています。

この三冊は、アートマーケットのようなところで、水玉模様の表紙のビーズ和本として、販売したのが最初のお披露目です。

この時、出せば、必ず売れていたのが、当時、「ことばのレシピ」というタイトルだった、初期第二詩集「空の音 水の月」。赤い水玉の表紙でした。

新しい形でもう一度作ることは考えていなかったので、ZINEとしてお見せすることになるなんて、思いもよりませんでした。そんなこんなで、「3冊組 初期詩集 A」は、思い出深いですねー☆

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中